お薬の飲ませ方

粉薬には、水に溶けやすいドライシロップ剤や細粒剤、溶けにくい散剤や顆粒剤があります。粉薬は吸収されやすく、保存性の点でも優れていますが、赤ちゃんや小さい子どもの場合はそのままでは飲みにくいので、いろいろ工夫が必要です。
(水で練って与える場合) ①お母さん・お父さんなど与える方の手を石鹸でよく洗います。手指を直接赤ちゃんの口の中に入れたりするので、爪も短く切っておきましょう。洗えたら、清潔なタオルやペーパータオルで手を良く拭きます。 ②1回分の薬を小さな容器にとり、少量の湯冷ましか・水で溶いて指先でまとまる固さに練ります。水分が多いと練れないので、ほんの少量ずつ落とすのがコツです。 ③指先に練った薬をのせ、味を感じにくいほっぺの内側や上あごに塗りつけます。 ④最後に、水やミルク・母乳などを飲ませて薬が口の中に残らないようにします。

(他のものに混ぜて与える場合)              アイスクリーム・プリン・ジュース・ヨーグルト・ジャム・ココア・ガムシロップなど、味が濃くて薬の味がわからなくなるものが適しています。
(注意! ミルクなどには混ぜないで)              1回量のミルクに混ぜると、全量飲み切れなかったり、ミルク嫌いになることがあるので避けましょう。同様に主食となるもの(おかゆ・うどん・とうふなど)やこどもに食べさせたいものに混ぜるのは避けましょう。              お薬によっては、スポーツドリンクやジュースに混ぜるとかえって苦味が増すものもあります。
(食前? 食後?)              処方箋の指示は食後になっていても、食後は満腹で飲まなかったり、飲んでも吐いてしまうことがあるので、授乳直前や食前に飲ませてもOKです。              1日3回は食事の時間にこだわらず、起きている時間を等間隔に3回を目安にしてください。
(お薬が出てしまった場合)  入れた座薬が便と一緒に出てしまった場合は、15分以上たっていれば吸収しているのでそのまま様子を見ましょう。飲み薬を飲んですぐ吐いてしまった場合は、再度飲ませずに処方された医院にお問い合わせください。