のどの痛み・熱

溶連菌感染症

溶連菌という細菌がのどに感染して、のどの痛み、熱、体や手足の発疹などが出ます。 舌はイチゴのようになります。
(治 療) のどの検査で溶連菌がいることがはっきりしたら、抗菌薬を10~14日間飲みます。               1日か2日で熱が下がり、のどの痛みも消えます。でも途中でお薬をやめてしまうと 再発します。薬をきちんと飲まないと、リウマチ熱や腎炎を起こすこともありますから、指示通りに最後まで飲むことが大切です。
(家庭で気をつけること) 家族にもうつる:兄弟や両親に同じような症状があれば、受診して検査を受けてください

食べ物:のどの痛いときは、熱いものや辛いもの、すっぱいものはさけましょう。

入 浴:熱がなければかまいません。
(こんなときはもう一度受診を               2日以上たっても熱が下がらない。のどの痛みが強くて水分をあまり飲まない。などの状態にある場合はもう一度受診してください。
注意!:抗菌薬を飲み始めてから24時間以上経っていれば、他の子どもにはうつりません                医師の許可をもらってから登園・登校してください。