アレルギーについて

人間の身体には異物(抗原)の侵入に対してそれを攻撃・排除する物質(抗体)が作られる防衛システム(抗原抗体反応)があります。

一般的に予防接種などは一度体内に侵入したウイルスに対して、次から病気が起こらないように、このシステムを身体に好都合に働かせており、これを免疫反応と呼んでいます。

しかし、時にこの防衛システムが過剰に働き、皮膚に炎症を起こしたり(アトピー性皮膚炎)、気管支を強く収縮させたり(気管支喘息)など、身体に不都合に働いてしまことがあります。これをアレルギー反応と呼んで区別しています。