小さい赤ちゃんの発熱

突発性発疹
生後4~5ヶ月の赤ちゃんが、突然高い熱を出して3~4日続きます。生まれて初めての熱であることが多く、咳や鼻水は出ません。熱が下がると、体中に発疹が出ます。便もゆるくなります。はしかや風疹とは全く別の病気です。
(治 療)熱が高くて機嫌が悪ければ解熱薬を処方します。

(家庭で気をつけること) 高い熱:とても高い熱が続きますが、熱で脳に異常が起きたりはしませんので、あわてないでください。熱が続く間は赤ちゃんがすごしやすいようにしてあげてください。
着せすぎ、掛けすぎに注意し、嫌がらなければ、氷枕や冷却シートなどで冷やすのもいいでしょう。

ミルク:飲みが少ないようであれば、少しずつ何度も与えましょう。アクアライトや果汁の方を好むのであればそれでもいいでしょう。               熱があるので、水分は十分に与えることです。

離乳食:食べられるのならいつもどおりに与えてあげてください。食欲が無いようなら無理に与える必要はありませんが、水分の補給には気をつけてあげてください。

おふろ:高い熱のあるときや、元気の無いとき以外は、入浴してかまいません。

(次の診察)               指示された日、薬のなくなる日、などに(大体2~3にちおきに)受診して、余病 をおこしていないか診てもらいましょう。               元気が無くなった、何度も吐く、咳で夜ねむれないなど、「いつもと違うぞ」と思ったら、早めに受診してください。
けいれんを起こしたら、至急病院に行きましょう。

注意!:インフルエンザの時の解熱薬にはアセトアミノフェン(またはイブプロフェン)                を使います。これ以外の解熱薬は使わないようにしましょう。