百日咳

三種混合(DTP)の予防接種を受けていない人子どもがかかります。赤ちゃんにとっては危険な病気です。最初はふつうの風邪とかわりませんが、次第に咳が多くなり、顔を真っ赤にして激しく咳き込むようになります。1~2週ごろが最も咳がひどいときで、3~4週ごろになると少しずつ軽くなってきます。熱は通常でません。生後6ヶ月以下の赤ちゃんでは咳のために息ができなくなってしまうことがあり、入院が必要となります。

(治 療)百日咳に有効な抗菌薬と咳止めを処方します。

(家庭で気をつけること)

①食べ物:咳き込んで吐くので、1回の量は少なく、回数を多くして、消化のよいものを与えてあげてください。

②入 浴:咳が軽くなって、機嫌や食欲が普通になれば、入ってもかまいません。

(こんなときは診察を)

①咳き込みがひどく、息が止まりそうになるとき

②咳で何度も吐いて、元気がないとき

③熱が出たとき

(保育園・学校) 百日咳特有の咳が消えるまでは休ませること、と決められています。診断から3週間程度と思ってください。

注意!:赤ちゃんが罹ると重症になります。百日咳の子どもを赤ちゃんに近づけないようにしてください。