高い発熱

プール熱・ヘルパンギーナ
プール熱(咽頭結膜炎)             夏にプールを介して学童の間に流行するので「プール熱」の名がありますが、プールに入らないでもうつります。夏以外にも見られます。39~40℃の高熱が4~5日続き、のどの痛みが強く、目も赤くなります。さらに頭痛・吐き気・腹痛・下痢を伴うこともあります。アデノウイルスが原因です
(迅速診断) アデノウイルスかどうかは外来で迅速診断することができます。熱やのどの痛みをおさえる薬を処方します。
(家庭で気をつけること) 高い熱:何日も高熱が続くので不安になるでしょうが、解熱薬を使いすぎないようにしましょう。

食 事:のどが痛く熱も高いので、食欲がないのはしかたありません。プリンやゼリー・アイスクリーム・冷ましたおじや・豆腐などを与えましょう。

水 分:水分は充分に飲ませてください。麦茶やイオン飲料・牛乳・みそ汁・冷めたポタージュスープなどが良いでしょう。

入 浴:高い熱があるときや元気がないとき以外は、入ってもかまいません。
(こんな時はもう一度診察を) ①のどの痛みが強くて水分をあまり飲まない。②高い熱が3日以上続く。③元気がなくぐったりしているとき。
熱が下がってのどの痛みがなくなるまで、5~7日ほど学校や園を休ませましょう。

ヘルパンギーナ 乳幼児の間で流行する夏かぜの一種で、38~40℃の熱が2~3日続きます。のどの奥に小さな水ぶくれができて痛いので食べられなくなります。ひどいときには水分も飲めなくなり、脱水症になることがあります。 (治療)             熱やのどの痛みをおさえる薬を処方します。
(家庭で気をつけること) 食 事:口の中が痛いときは、かまずに飲み込めるものを与えます。プリンやゼリー・アイスクリーム・冷ましたおじや・豆腐などを与えましょう。
水 分:水分は充分に飲ませてください。オレンジジュースなどすっぱいものはしみます。麦茶や牛乳・みそ汁・冷めたポタージュスープなどがよいでしょう。
入 浴:高い熱があるときや元気がないとき以外は、入ってもかまいません。
(こんなときはもう一度診察を) ①のどの痛みが強くて水分をあまり飲まないとき。②高い熱が3日以上続くとき③元気がなくてぐったりしている。
熱が下がって口の痛みがなくなるまで、4~5日ほど学校や園は休ませましょう。